身近に法律家がいて得したことや損したこと

Yahoo! JAPAN

身近に法律家がいて得したことや損したこと
身近に法律家がいて得したことや損したこと

29才、女性のエッセイ : 私の大学時代の知り合いに、弁護士になった人がいます

私の大学時代の知り合いに、弁護士になった人がいます。
弁護士になった時に、困ったことがあったら何でも相談してほしいと言われたので、フリーランスになってギャラの問題が発生した時に、すぐに相談させていただきました。
こうした問題を解決するのは、法律の知識が全然ない自分がもがきながらするよりも、法律や判例など何もかも知り尽くしている弁護士の先生にお願いした方が、非常に早く問題を解決することができます。今回は、ギャラの未払いについて相談しました。
数か月以上経過しているのに全然振り込まれないし、連絡をしてもずっと無視され続けていたので、弁護士の知人に相談すると、すぐに内容証明を作成してくれて、送付するとすぐにギャラが振り込まれました。

こうしたちょっとしたことでも相談してみると、すぐに解決することができるのです。
もしもこのまま何も知らないままでしたら、ずっと未払いの状態が続いていたかもしれないです。
本当にあの時、弁護士の知人に相談して良かったです。

38才、女性のエッセイ : 身近に法律家がいて得したことというと

身近に法律家がいて得したことというと、実家で境界線のトラブルが隣接する家とあった時にそれを実感しました。

私の実家は、古い中古住宅付きの家を購入して、しばらくして建て替えを行なったのですが、それまでは親切(だと思っていた)なご近所さんが、それが面白くなかったようで、ちくちくと意地悪が始まったようです。
まだ自分も子供だったので、細部まではよく分からなかったのですが、後から入ってきて新しく家を建てるなんて生意気だと、色々言われたそうです。

言われるだけでなく、ゴミを敷地に入れられたり、飼っている犬に危害を加えられたり、色々悪質な意地悪をされていたようですが、ついに境界線を越えて、近所のものを置くようになってきたので、親の忍耐も切れたようです。

親戚の法律家に相談し、自宅の敷地にはみ出しているものは全て撤去させ、それまでは隣の家の車がずうずうしく使ってはみ出していた駐車場も、使えないようになりました。
子供だったのですが、人に意地悪をしてそのままなわけはない、法律はちゃんと守ってくれると、目の当たりにした体験でした。

Copyright 2017 身近に法律家がいて得したことや損したこと All Rights Reserved.