身近に法律家がいて得したことや損したこと

Yahoo! JAPAN

身近に法律家がいて得したことや損したこと
身近に法律家がいて得したことや損したこと

57才、男性のエッセイ : 身近に法律に詳しい人がいると得すること

身近に法律に詳しい人がいると得すること、それは色々なアドバイスが受けられることです。

法律は、ただの文面だけではありません。書いてある内容に意味があり、重みがあります。普通に考えてみても、一般の人は読んだ内容を、難解な文書でも、そのまま理解してしまいますが、しかし法律は、そんなに単純な物ではありません。
最近問題になっているノーブレーキ自転車の問題でも、違反すると5万円以下の罰金とあります。罰金の上限は決まっていても、罰則の内容が分からないことです。

知らず知らずのうちに、違反は誰でもすることです。
違反していることを知っていて行うことは悪い事ですが、知らずに違反することは悪いことなのかどうかの判断は、専門家に委ねるしかない事です。

法律に疎いと、何が違反しているのか分からないことです。
道路を走行する時に、馬や牛を走らせると違法なのかどうか?昔は平気で走っていましたが、今でも祭りの時には牛や馬で走ることはあります。法律違反しているのかどうかは、専門家じゃないと分からない面が多いです。

そんな時に、身近に法律に詳しい専門家がいると相談できる点です。
医者にかかりつけの病院があると便利なように、身近に法律のかかりつけスペシャリストがいると安心です。

Copyright 2017 身近に法律家がいて得したことや損したこと All Rights Reserved.