身近に法律家がいて得したことや損したこと

Yahoo! JAPAN

身近に法律家がいて得したことや損したこと
身近に法律家がいて得したことや損したこと

33才、女性のエッセイ : 過去に遡ること3年

過去に遡ること3年。この3年の間に家族を3人亡くしました。

以前なら気にもしなかった遺産相続のことで、実の兄弟がもめ始めました。
あんなに仲の良かった兄弟が「他人」に思えました。
自分の親が亡くなった時のことですが、母が亡くなった時、実の父親に相続を放棄するようにと言われました。
当時は何の事だか分からず、父の言うとおりに印鑑を押しました。

その父が亡くなったのですが、今度は兄弟2人での遺産相続になりました。
勿論、兄弟2人なのですから、2人での遺産相続になるので、父が遺してくれたものは半分ずつになるはずでした。

ところが、弟夫婦が父の介護に対する慰謝料分を考慮して欲しいと言い出しました。
そして、父が遺してくれた銀行預金などの遺産は兄弟二人で折半ではなく、多めに貰うと言い出したのです。

勿論、私もそれは仕方のないことだと思いましたが、友人に法律家が居たのでこの話をしてみたところ、介護をしたとかしなかったとかは、遺産相続の金額とは関係ないとのことでした。
兄弟は他人の始まりと言いますが、お金が絡んでくると本当に兄弟も他人より揉めるので、身近に法律家が居たなら相談するのが賢明です。

Copyright 2017 身近に法律家がいて得したことや損したこと All Rights Reserved.