身近に法律家がいて得したことや損したこと

Yahoo! JAPAN

身近に法律家がいて得したことや損したこと
身近に法律家がいて得したことや損したこと

52才、男性のエッセイ : 身近に法律家がいて得したことや損した事と言えば、何であろうか

身近に法律家がいて得したことや損した事と言えば、何であろうか。
一概にその様な人物がいれば得であり、迷惑な事は先ず無いだろう。困った事があれば、何でもその人物に相談すれば良く、損などは絶対しないと思われる。この世はすべからく、法の世の中であり、法が大手を振って歩く世の中であり、世の者達は危ない人達も政治家先生も、学校の先生も科学者の市役所の役人さえ、法律には従わねば成らないのである。六法全集に精通した人物であれば、それだけで世の中の評価や評判は良く、ましてや弁護士の資格などあれば、既に資格を得た段階で名士であり、御馴染みの社交界成らぬ懇談会が彼には待っている。既に、世の中の淑女達が立ち並び、彼に声を掛けて貰える機会を窺っていて、その人物の将来は有望なのである。が、こんな大層な資格を持っていれば、損する事もある。それは、彼が絶対所得に対する誤魔化しが出来ず、何時も几帳面に税務署に所得を申告しなければならない事だろうか。そんな事をのたまう何の資格も無い私は、一体如何すれば良いのだろうか。

Copyright 2017 身近に法律家がいて得したことや損したこと All Rights Reserved.