身近に法律家がいて得したことや損したこと

Yahoo! JAPAN

身近に法律家がいて得したことや損したこと
身近に法律家がいて得したことや損したこと

34才、男性のエッセイ : 私にとって

私にとって、身近に法律家がいて得したことや損したことと言えば、親族の相続の話があります。
相続といえば、相続税も気になるところですが、それ以上に誰がどの程度相続するのかが問題になりがちです。
それによって、かなり深刻なトラブルになるケースも多いので、法律家に仲介してもらった方がスムーズに完了すると思います。
それで、私自身は、直接関わらなかったのですが、後妻が入っていた家庭だったので、かなり揉めたと後から聞きました。
但し、弁護士にきちんと立ち会ってもらったので、何とか決着はついたようです。
世間一般では、家にはほとんど財産がないから心配いらないという方が多いでしょうが、実際には他人事では済まされません。むしろ、分ける財産が少ないからこそ、より深刻な取り合いになる恐れもあるのです。

トラブルを予防する為にも、弁護士のような法律のプロに任せるということが必要なのだと感じました。
話し合いで解決出来れば良いですが、お互いに譲れない部分が出来てしまったら、後は法律における権利として主張するしかないのです。
今回のケースでは、早期に解決できたという意味で得したことと言えるでしょう。

Copyright 2017 身近に法律家がいて得したことや損したこと All Rights Reserved.